最強のコンサル会社(笑)の新入社員ブログ

最強のコンサル会社(笑)(実態は超零細企業)で働く社員のブログです。運営しているFUTARIDEというブログについてや会社での毎日を綴って行きます!

貧困女子と教育

f:id:gaishikeishain:20170630092923j:plain
先日、とある情報番組で「貧困女子」についての特集が組まれているの見ました。


どこにでもいる平凡な女の子が、誰にでも起きそうな不幸によって貧困に陥ってしまい、AV女優にならざるを得ない状況になったというものです。


そして、23歳になった現在もAV女優として生計をたてているそう。


これを見た率直な感想は以下の2点。


①女の子ではなく男の子だったら、もっと大変な状況だったのではないか

②大学卒が本当に重要なのか、社会として再考していく必要があるのではないか


AV女優になったきっかけは、2週間で学費を80万円を用意せざるを得ない状況になり、頼れる家族や友達もいなかったために、なくなく選んだ道だったのだそうです。


貧しい女の子が性産業の餌食に…!


みたいな番組の構成でしたが、


性産業に就けないレベルの容姿の人が同じ状況だったりとか(性産業の中でも低賃金できつい職ならあるかもしれないけど)、


そもそも男の子だったりしたら風俗店の就業すら難しいはずなので(数が少ないし、ニューハーフとして就職するもなると金銭的・身体的にものすごく負担)


そういう場合ってどうなってしまうんだろう?


むしろ性産業によって救われている例なのではないかって思いました。



歴史的に見ても貧困と性産業って関連があるものですしね。


交通費もなく、食べ物すら食べられない苦しい状況で支払う学費って何なのだろうか?


そんな状況で落ち着いて勉強や研究できるのかな?


・大学卒は当たり前
・なるべくダブってない方がいい
・新卒で就職しないとダメ


っていう一般的な規範は、


大したことないよ~外れてもいいんだよ~


って話を聞いたりする機会があれば、


・お金を貯めてから大学にいく
・借りられる奨学金を探す
・高卒で働いて手に職をつける


といった選択肢も視野に入れて、自分の将来を考えられたはずなのに。


結局彼女は、在学中に一般企業から内定を得ることができたものの、大学卒業後もAV女優として活動することを選んだそうです(ここらへんの理由は明かされず)。


ものすごい苦労をして嫌だったAVのお仕事をこなしてまで卒業した大卒の学歴は、彼女にとって何だったんだろうか…


選択肢って、自分で思いつくものから考えるしかないけど、


視点を変えれば、
視野を広げれば、
知識を付ければ、


もっと広がります。


でも、知識がなかったりましてや子どもだと、選択肢を広げられることに気が付けないから誰か教えてあげる人が必要なはずです。


「知らなかった」を全て自己責任にすることはできないけど、こういう人たちが自分から情報を取りに行くとは思えないし、接点を持つのは難しいだろうな。


大学を卒業して4年経過した今思うのは、なにくそー!!!って努力をする人達って本来努力すべきステータスの人ではなく、お金持ちだったり学歴が良かったりもう努力する必要ないじゃん十分じゃんみたいな人の方が圧倒的に多いんですよね。


なんなんだろう…?


ただ、彼女は今AV女優というお仕事に誇りを持ってやっているみたいなので、そこは良かったなと思います。


テレビに出てアイドルみたいに活躍しているセクシー女優もいますからね。


ぜひ頑張ってほしいなと思います。


労働社会学を専攻していたので、貧困という言葉に反応して真面目に書いてしまいましたが、


普段は「ぱちんこ」って単語って「ぱ」の存在感薄くない?ねえ?気のせい?私だけ?と同僚(男)に聞いて


「セクハラですよ!!!」


と言われるような会社員ライフを送っています。


↓私がライターをしている恋愛メディア(FUTARIDE)もぜひ見てください↓

kaya@kaya_futaride)の人気記事はこち

futari-de.com

futari-de.com