最強のコンサル会社(笑)の新入社員ブログ

最強のコンサル会社(笑)(実態は超零細企業)で働く社員のブログです。運営しているFUTARIDEというブログについてや会社での毎日を綴って行きます!

シャチョーは未来人!?

 みなさんこんにちは!

 

どうも僕(@boku_chandayo)です。

 

最近どんどん暑くなって不快になってきましたよね・・・

なによりも電車の中の匂いが汗臭くなるのでこの時期は本当に嫌です。

という僕も汗をかなりかくほうなので気をつけないといけませんけどね笑

 

さて僕は先日うちの会社のヤバいシャチョーとクライアントとの打ち合わせに行ってきました。

 

そこで僕は社長についてあることに気がついてしまいました・・・

その話をこの記事ではしたいと思います笑

 

シャチョーのAI話

f:id:gaishikeishain:20170708113546p:plain

うちのシャチョーはクライアント先に行ってもまともに話しません笑

無駄話が大半で仕事の話は1割以下っていうこともザラだったりします。

 

そして、そんなシャチョーが最近の好きな話題は「AI」です。特にシャチョーは音声でいろいろ出来ちゃうAmazonのAlexaがお気に入りなんです。

 

客先に行っては「Alexaはすごいんですよ〜」「音声で何でも検索できるんです」「アメリカ人はみんなAlexaを持ってます」という話をするんです。

 

「いやいやAlexaはプログラムの名前だから。Amazon Echoってのが商品名だから。」なんていうツッコミをするのもめんどくさいので僕はそのまま喋らせてます。

 

さらに「今はみんなGoogleでは音声検索するんですよ。文字を打って検索する人なんていませんね。」と言いながら自分のスマホを取り出して音声検索を実演する始末・・・笑

僕は音声検索をしてる人なんて街中でも見たことないし少なくとも友達にはいません笑

 

でもシャチョーが言うには「みんな」音声検索してるそうなんですよね。

シャチョーの「みんな」ってどこにいるんだろう・・・

 

Google検索エンジンが・・・

僕がシャチョーのあることに気がついた日。

その日もシャチョーはクライアントとの打ち合わせで全力で無駄話をしてました。

 

そして、突然GoogleのAlphaGoという囲碁プログラム(囲碁AI)の話をし始めます。

いかにAlphaGoがすごいのか。世界最強と言われる棋士を倒したんだという話をさも自分が開発したプログラムのように話していました。

 

ここまではいつものシャチョーで「今日も平常運転だなぁ〜」と僕はのんきに話を聞いてました。

 

しかし、シャチョーは突然「このAlphaGoが最近Google検索エンジンのAIに組み込まれましてね、だからGoogle検索エンジンはものすごく頭がよくて文章が全部理解できるんですよ」なんて言い始めるのです。

 

この話を聞いて僕は「いや囲碁のプログラムと検索エンジンのプログラムが統合されるなんて絶対ありえないだろ」って思いました。

でも、ちょっと考えてシャチョーはAIをプログラムじゃなくてまるで人間の「脳」のように思ってるんじゃないかって気がついたんです笑

 

現実世界ではAIは所詮プログラムでしかなく、それぞれの役割や目的に特化しています。

例えば自動運転のプログラムが囲碁をしたりする事は出来ないんです。

でも、シャチョーはそれが出来るって思ってるみたいです。

 

シャチョーはクライアントの前で平気で嘘をつくので念のために帰り道に二人でなった時に確認して見たのですが、やっぱり囲碁のプログラムは検索エンジンに入れられたって言うんです。

 

その時、僕は思いました。

 

この人、完全に妄想を話してるわ

 

って笑

 

 

シャチョーは未来人!?

f:id:gaishikeishain:20170708113322p:plain

シャチョーが妄想を話すかなりヤバい人だって事に気がついてしまった僕はシャチョーの今までの言動をいろいろ思い出しました。

 

よく考えれば音声検索についても「単語じゃなくて、普通に話しかける感じで検索出来るんですよ〜」とか言ってた事を思い出したました。

でも、あれってGoogleのCMでやってるような「ここから近くのカフェを教えて」みたいな決まった文章しか認識出来ないですよね。

 

そんなシャチョーの言動を思い出して僕は再び思いました。

 

シャチョーは20年くらい先の

 

を話してるんだ

 

って笑

 

それかシャチョーは未来からきた未来人なのかもしれません。

 

シャチョーのデスクの引き出し開けたらタイムマシンがあったりするのかな?笑

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!!

 

↓僕たちが運営している恋愛メディアもぜひチェックして見てください↓

futari-de.com

 

 

 

【裏技?】1ヶ月間通らなかったアドセンスの審査が1日で通った方法【実話】

みなさんこんにちは!!

僕(@boku_chandayo)です。

 

僕はFUTARIDEという20代向けの恋愛ブログを運営しています。

そして、収益化の為にアドセンスを貼ろうと思ったのですがアドセンスの審査が1ヶ月経っても通りませんでした。

しかし、ある方法を試して見たところなんと1日で審査に通ったのです。

 

というわけで、今回はその方法をみなさんに紹介したいと思います。

 

 

アドセンスの審査

たぶん、ブログやWEBサイトでお金を稼ごうと思ったら多くの人が一番最初にする事がアドセンスの申し込みだと思います。

アドセンスは広告を貼るだけでお金を稼げるのでアフィリエイトよりもハードルが低いですしね。

 

だから僕もサイトの構築が完了したら真っ先にアドセンスに申し込みました。

 

ご存知かとは思いますがアドセンスは申し込んでもすぐには使えません。

Googleの審査に通らなければ広告を貼る事が出来ないのです。

しかも、このアドセンスの審査はどうやら最近厳しくなっており、全然通らなくなってしまっているそうです。

 

確かにTwitterで「アドセンス 審査」といったキーワードで検索してみると「全然審査が通らない」「1ヶ月待っても音沙汰がない」なんていうツイートがかなりあり、多くの人がアドセンスの審査をパス出来ていないことが分かりました。

 

僕が申請した時の状態

アドセンスに申請する前に様々なサイトやアドセンスのポリシーをチェックしてみたところ、アドセンスに通るには大体以下の条件を満たせばいいと考えました。

 

・記事の数は最低でも10記事以上

・1記事あたりの文字数は1500文字以上

・プライバシーポリシーに関するページを作成

・お問い合わせ先に関するページを作成

 

というわけで、僕は上の条件を満たした状態でアドセンスを申し込みました。

記事は12記事、文字数は大体2000文字前後でした。

これが5月22日の事でした。 

 

 

1ヶ月待っても音沙汰なし・・・

f:id:gaishikeishain:20170704224611p:plain

アドセンスに申し込んだ後も「記事を書き続ける事が大切」とアドセンスのフォーラムやいろんな人のブログに書いてあったので、毎日記事を2本以上は追加しながら1ヶ月間待ちました。

 

しかし、Googleからはなんの音沙汰もありません。

1ヶ月待っても審査に落ちたとも受かったとも何も連絡がないんです。

1ヶ月経った時点で既に記事数は70記事以上までに達していました。

 

Twitterや他の人のブログを見て見ると大体1週間〜10日間で審査に通っていたため、遅くても2週間くらいでは通るのではないかと最初の頃は思っていました。

なので2週間過ぎてからは「なんで通らないんだろ?」「何かダメだったかな?」という妙な焦りまで感じ始めていました…

 

ってか、「通常3日間で審査通りますって書いてあるやん!!」と最後の方はキレてました笑

 

そうだ!キャンセルしちゃえ!!

1ヶ月待っても審査が通らず僕は「なんで通らないんだ〜」とかGoogleふざけんな!」とか思いながらアドセンスの画面をなんとなく見ていました。

 

すると「設定」の中にある「アカウント情報」という部分を見て見ると「アカウントをキャンセルする」というボタンがあることに気が付いたのです。

 

あれ、これもしかしてアドセンスの申し込みをキャンセル出来るんじゃね?

キャンセルした後にもう一回申し込んだら審査通るとかないかな?

 

そう思いパートナーのkaya@kaya_futaride)にキャンセルするかどうかを相談することにしました。

 

kayaから「やっちゃえ!!」と背中を押してくれたものの、正直本当に大丈夫かなとドキドキしながらついにアドセンスの申し込みをキャンセルすることに…!

 

f:id:gaishikeishain:20170704225932p:plain

画像を見てもらえばわかりますが僕がアドセンスの申し込みをキャンセルしたのは6月23日の10時24分でした。

アドセンスを申し込んでからちょうど1ヶ月と1日が経過していました。

 

せっかちすぎますかね?笑

 

f:id:gaishikeishain:20170704230126p:plain

そしてキャンセルした後、速攻でもう一度アドセンスを申し込みました。

これが10時26分なのでキャンセルから再申し込みまで2分間しか経っていません。

 

異常なアクセス

f:id:gaishikeishain:20170704230534p:plain

kayaからもドン引きされているのですが、僕は暇になるとアナリティクスのリアルタイムを見る癖があります笑

 

そして、アドセンスをキャンセルして再申し込みした当日の17時くらいに何気なくアナリティクスを見ているとものすごいページ数を見ている人を発見しました。

それはもうクローラーのようでした。

次から次へといろいろなページを見ていくのです。

 

記事数を増やしながら大切に育てているサイトとはいえ、開始1ヵ月のサイトにはまだここまで熱心な読者はいません。

 

すごく気になったのでトラフィックを見てみると(direct)/(none)の文字がありました。

つまり、お気に入りor直接URLを入力して来た人の可能性が高いわけです。

そして、その人がアクセスしている地域を見て見るとminatoとなっていました。

 

minato…そう、東京都港区です。

 

ん、港区?

港区といえば六本木?

六本木といえば六本木ヒルズ

六本木ヒルズといえばGoogleの日本オフィス・・・

もしかしてGoogleの人がサイトをチェックしに来てるのかも?

 

なんて、まさかね!笑

 

と、その時の僕は思っていました。

 

kayaに至っては六本木が港区にあることすら知りませんでした(これマジな話です笑)。

 

 

念願の・・・

サイトに異常なアクセスがあってから2時間後、僕はkayaと2人で打ち合わせを兼ねてご飯を食べていました。

 

すると突然、僕のiPhoneが震えたのです。

 

メールアプリを見て見ると、Googleから1通のメールが来てました。

 

f:id:gaishikeishain:20170704231241p:plain

ええええええええ?

 

アドセンスの審査通ったよ!!!

 

しかも、申し込んだ当日に笑

 

この時、嬉しさのあまりにkayaとお店でハイタッチしたのはいい思い出です笑

 

というわけで、一度キャンセルして再申し込みしたら審査に通ることができたのです。

 

このメールが送られて来たのは申し込みを一度キャンセルして再申し込みした日の19時39分でした。つまり9時間と13分アドセンスの審査に通ったのです。

 

これ、かなり最速の部類に入るんじゃないでしょうか?笑

 

審査に通った理由

僕なりに審査に通った理由を考えてみた所、理由として思いつくのは次の二つだけです。

 

・記事の数が増えたから

・サイトを構築して日数が経ったから

 

この二つしか思いつかない理由は、最初に申し込んだ時点と再申し込みした時点でのサイトの違いがこれくらいしかないからです。

 

最初に申し込んだ時点では記事は12記事しかありませんでしたが、再申し込みした時には70記事に記事数が増えていました。

また、サイトを構築してからの日数も最初に申し込んだ時点では1週間ほどしか経っていませんでした。

 

1ヶ月間の間に起きたこうした変化が、Googleに評価される変化であったから審査に通ったのではないかと思います。

 

僕が思うアドセンスの審査の流れ

今回の経験からGoogleの審査の流れを考えてみました。

以下が僕が考えたGoogleの審査の流れです。

 

1:自動的にドメインの取得日・サイトの更新日などからサイトが出来てからの日数を確認。同時に記事の数(ページ数)を確認。

 

2:1のチェックで内部の基準を満たしているものだけ次のSTEPへ。満たしていないものは時間を置いて再チェック(2〜3ヶ月後?)

 

3:条件を満たしているサイトのみ有人によるチェックを行う。チェックして基準を満たしていれば審査をパスさせる

 

おそらくGoogleには毎日すごい数のアドセンスの申請が来ると思うので、ある程度は自動化されているのではないでしょうか。

 

最初の段階で自動的にサイトが基準を満たしているのかどうかをチェックし、満たしていなければ自動的に時間を置いて再チェックするんじゃないかと思うんです。

つまり、僕のサイトは最初のチェックで落ちてしまったため1ヶ月放置されたのかなと思います。

 

キャンセルするのも一つの手かも

というわけで、もしアドセンスの審査が全然通らなくて困っているのであれば勇気を出して一度キャンセルし、その後に再申請するっていうのも一つの手かもしれません。

 

僕がとった「一度キャンセルして再申し込みする」という方法が再現性があるのかどうかは分かりません。しかし、何ヶ月も待っていたってしょうがないので試しにやって見るのはアリだと思います。

 

ただし、最初に申し込んだ時よりもサイトを成長させておかなければ再審査しても通らない可能性が高いので注意が必要です。

 

*もし、再申請してダメだったとしても僕はなんの責任もとりません笑 自己責任でお願いします!!

 

↓僕たちが運営している恋愛メディアもぜひチェックして見てください↓

futari-de.com

 

 

 

 

【祝100記事】1ヶ月ちょいで100記事を書いてみたよ!

f:id:gaishikeishain:20170702224311p:plain

みなさんこんにちは!

僕(@boku_chandayo)です。

 

みなさんにはあまり関係ない私ごとになってしまうのですが、僕とkaya@kaya_futaride)が運営している20代向け恋愛ブログ「FUTARIDE」がついに1ヶ月と1週間で100記事を突破しました!!

 

また、FUTARIDEを読んだことがないよー!って人はぜひ読んで見てもらえると嬉しいです。

 

インターネットでブログやメディアの立ち上げについての記事を読んでみると必ずキーワードとして「100記事・3ヶ月」という言葉が出てきます。

 

これは、まずは100記事を目指しつつ3ヶ月間ブログを運営する事によってGoogleからの評価を向上させてアクセス数UPを狙うっていう話です。

毎日1記事を書いていけば3ヶ月で90記事になるのでコツコツ運営していればこの目標は達成できると思います。

 

しかし、「3ヶ月」に意味があるのか「100記事」に意味があるのかはいまいちわかりません。

毎日1記事書いて100記事書けるのが約3ヶ月だから3ヶ月と言われているのか、それとも1記事を毎日3ヶ月書くと約100記事になるから100記事なのか・・・そこは、わかりません。

 

ただ、僕は仕事の一貫として立ち上げたメディアが3ヶ月くらいたつと急激に検索エンジンからの流入が増えるという経験は何度かあったので「3ヶ月」というキーワードは正しく、ある程度時間が経てば検索エンジンからのアクセスが期待できるという事はわかっていました。

 

でも、待てない性分の僕は「1ヶ月の間に100記事を書き上げればどうなるんだろう?」という事が頭に浮かびました。

できるだけ早く収益をあげたいですし、悠長な事は言ってられないと思ったのです。

 

そこで、1ヶ月で100記事を書く事を目標にしました。

 

 

100記事までの道のり

f:id:gaishikeishain:20170702231123p:plain

1ヶ月で100記事目指すぞ!!と簡単に目標を立てたものの現実はなかなか厳しいものでした。

 

まず、100記事を1ヶ月という事は1日3記事以上書かなければいけません。幸い僕はkayaと2人で運営しているので一人あたり50記事、つまり1日2記事くらい書けば達成できるだろうと考えていました。

 

しかし、この1日2記事というノルマがなかなか難しい・・・

仕事もあるので時間もありませんし、何よりもネタが切れそうになるんですよね。

その度に、土日は出かけて取材をしまくったりもしました。

 

そして、ネタ切れや時間以外にも問題がありました。

 

それは「読者がどんな記事なら満足できるのか」という事です。

これは、まだデータを分析していないのではっきりとした事はわからないのですが読者が満足できる記事、ブログのファンになってもらえる記事という事を意識しながら書くのはなかなか難しいものでした。

 

そんな中で様々なところへ取材に行ったり、時にはkayaと記事の書き方で口論になったりなどしながら予定よりを1週間オーバーしてなんとか100記事達成する事ができました。

 

1ヶ月で100記事の効果とは

さて、1ヶ月で100記事を書いた効果はというと・・・

PV数が5300PVになりました。

 

仕事で作成したサイトでは毎日1記事入れて1ヶ月で1000PV程度でした。

つまり、最初の1ヶ月で5倍のPVを稼ぐ事ができた訳です。

 

*テーマや内容などが考えず単純に比較した場合

 

1ヶ月で100記事を入れる事が具体的にどんな理由でSEO効果があるのかはわかりません。でも、間違いなく30記事と100記事ではアクセス数が違います。

 

これはあくまで推測ですが、100記事も書くと当然記事の内容がかぶる場合が出てきます。それが検索エンジンからは「詳しいサイト」と判断される原因になり検索順位が上昇しアクセス数が増えるのかもしれません。

 

 

今後の目標

今後の目標としては80%近い直帰率を低減させる事です。

つまり、サイト内の回遊を促しより多くのPVを獲得する事を目標としたいです。

また、100記事あるサイトが今後どのように成長していくのかという事も詳しく見ていきたいと思います。

 

また、何かあればこのブログで報告しちゃいます!!

 

↓僕たちが運営している恋愛メディアもぜひチェックして見てください↓

 

futari-de.com

 

 

PDCAちゃん

f:id:gaishikeishain:20170701214119j:plain

PDCAという言葉を知っているでしょうか?

 

PDCAは「Plan・Do・Check・Action」の頭文字を並べた言葉で、ビジネスパーソンの仕事の進め方やスキルアップの過程において使われます。

 

それぞれの単語の意味は以下のように言われています。

 

Plan:計画を立てる

Do:実行する

Check:評価する

Action:改善する

 

これを、上の図のような順番でPDCAのサイクルを回していくことで、目標達成に向けた行動に対して何が良くて何がダメだったのか検証しながら目標達成に近づいていくことができるのです。

 

自発的に工夫や仮説検証を積み重ねたり、1つ1つの経験から気付きを得て成長をしていくことは、ビジネスパーソンにとって重要な資質です。

 

もちろん、私の働いている最強のコンサル会社でも、PDCAを回すことは非常に大切だと1分間に2,3回くらいの頻度で言われています。 

 

超高速PDCA

f:id:gaishikeishain:20170701221606j:plain

 基本的に、私の会社ではPDCAは常に鬼速で回されています。

 

PDCAを実行していく上でよく問題として取り上げられていることが、「うまくPDCAが回らない」ことなのですが、私の会社では信じられないスピードで日々PDCAが回っているのです。

 

その証拠に何か案件や問題に対してアクションをする必要がある際の社長(最強)の口癖はこんな感じです。

 

「超高速PDCAで進める」

「鬼のような速度でPDCAを回す必要がある」

 

もはや、業界素人の私にとって目で追えるスピードではありません。

 

そして、個人面談にて前期決算が赤字で終わってしまったため、今後の経営方針について話があった際も、

 

「今まで鬼速で回してきたPDCAだけど、今後はものすごいスピードでぐるぐる回していくから」

 

とお話がありました。

 

一体、私の会社では何が回っているのでしょうか?

 

あまりのスピードのため、もはや何が回っているのか、PDCAは元より私の頭もきちんと回っているのかすらも分からない状況です。

 

一つ確実なのは、社長(最強)の頭は全く回っていないということです。

 

もちろん通常運転です。

 

 超広義的PDCA

f:id:gaishikeishain:20170701223533j:plain

とはいえ、PDCAが正しく回っているのであれば、超高速でPDCAを回すことは圧倒的な成長に繋がります。

 

しかし、大切なのはPDCAの中身です。

 

PDCAいう言葉は、作られてからかなり時間が経過し仕事のやり方なども大幅に変わってきているため、PDCAがもつ本来の意味から逸れた使い方をされることもあります。

 

が、

 

PDCAを日本で一番広義の意味で活用している会社は、私の勤務している自称最強WEBコンサル会社以外にないでしょう。

 

広義の意味で使われていると書きましたが、どれくらい広義なのかというと

 

動詞のdoとして使われるレベルです。

 

つまり、何かをすること=PDCAを回すこと、になるのです。

 

例えば会話がこんな感じ

 

私「〇〇のサイトですが、ページの更新しますか?」

社長「そうそう、サイトのPDCA回して!」

 

私「〇〇様とのアポイント、来月半ばで取ってもいいですか?」

社長「うん、PDCA回していこう!」

 

そんなことだから

 

同僚「おはよう!PDCA回してる?」

私「鬼のような速度で回ってます」

 

同僚「週末何してたの?」

私「PDCA回してました」

 

みたいな会話が日常的に行われています。

 

出社してエアコンいれるのもPDCA

お昼休みにご飯を食べることもPDCA

午後の眠たい時間にコーヒー淹れるのもPDCA

 

PDCAPDCAPDCAPDCAPDCA

 

ある日、仕事終わりに飲みに行くときにうっかり転んでしまった私に同僚が言いました

 

PDCAちゃん、大丈夫?」

 

( ゚Д゚)

 

 

社長(最強)のことをMr.PDCAと呼んでいましたが、

Ms.PDCAはまさかの私でした。

 

 これからも鬼速でPDCA回していきます。

(記事書きます)

 

↓私がPDCA回している恋愛メディア(FUTARIDE)もぜひ見てください↓

kaya@kaya_futaride)の人気PDCAこちfutari-de.com futari-de.com

貧困女子と教育

f:id:gaishikeishain:20170630092923j:plain
先日、とある情報番組で「貧困女子」についての特集が組まれているの見ました。


どこにでもいる平凡な女の子が、誰にでも起きそうな不幸によって貧困に陥ってしまい、AV女優にならざるを得ない状況になったというものです。


そして、23歳になった現在もAV女優として生計をたてているそう。


これを見た率直な感想は以下の2点。


①女の子ではなく男の子だったら、もっと大変な状況だったのではないか

②大学卒が本当に重要なのか、社会として再考していく必要があるのではないか


AV女優になったきっかけは、2週間で学費を80万円を用意せざるを得ない状況になり、頼れる家族や友達もいなかったために、なくなく選んだ道だったのだそうです。


貧しい女の子が性産業の餌食に…!


みたいな番組の構成でしたが、


性産業に就けないレベルの容姿の人が同じ状況だったりとか(性産業の中でも低賃金できつい職ならあるかもしれないけど)、


そもそも男の子だったりしたら風俗店の就業すら難しいはずなので(数が少ないし、ニューハーフとして就職するもなると金銭的・身体的にものすごく負担)


そういう場合ってどうなってしまうんだろう?


むしろ性産業によって救われている例なのではないかって思いました。



歴史的に見ても貧困と性産業って関連があるものですしね。


交通費もなく、食べ物すら食べられない苦しい状況で支払う学費って何なのだろうか?


そんな状況で落ち着いて勉強や研究できるのかな?


・大学卒は当たり前
・なるべくダブってない方がいい
・新卒で就職しないとダメ


っていう一般的な規範は、


大したことないよ~外れてもいいんだよ~


って話を聞いたりする機会があれば、


・お金を貯めてから大学にいく
・借りられる奨学金を探す
・高卒で働いて手に職をつける


といった選択肢も視野に入れて、自分の将来を考えられたはずなのに。


結局彼女は、在学中に一般企業から内定を得ることができたものの、大学卒業後もAV女優として活動することを選んだそうです(ここらへんの理由は明かされず)。


ものすごい苦労をして嫌だったAVのお仕事をこなしてまで卒業した大卒の学歴は、彼女にとって何だったんだろうか…


選択肢って、自分で思いつくものから考えるしかないけど、


視点を変えれば、
視野を広げれば、
知識を付ければ、


もっと広がります。


でも、知識がなかったりましてや子どもだと、選択肢を広げられることに気が付けないから誰か教えてあげる人が必要なはずです。


「知らなかった」を全て自己責任にすることはできないけど、こういう人たちが自分から情報を取りに行くとは思えないし、接点を持つのは難しいだろうな。


大学を卒業して4年経過した今思うのは、なにくそー!!!って努力をする人達って本来努力すべきステータスの人ではなく、お金持ちだったり学歴が良かったりもう努力する必要ないじゃん十分じゃんみたいな人の方が圧倒的に多いんですよね。


なんなんだろう…?


ただ、彼女は今AV女優というお仕事に誇りを持ってやっているみたいなので、そこは良かったなと思います。


テレビに出てアイドルみたいに活躍しているセクシー女優もいますからね。


ぜひ頑張ってほしいなと思います。


労働社会学を専攻していたので、貧困という言葉に反応して真面目に書いてしまいましたが、


普段は「ぱちんこ」って単語って「ぱ」の存在感薄くない?ねえ?気のせい?私だけ?と同僚(男)に聞いて


「セクハラですよ!!!」


と言われるような会社員ライフを送っています。


↓私がライターをしている恋愛メディア(FUTARIDE)もぜひ見てください↓

kaya@kaya_futaride)の人気記事はこち

futari-de.com

futari-de.com

シャチョーの迷言集 #2

みなさんこんにちは!

 

僕(@boku_chandayo)です。

 

今日も頑張って仕事を終えてきました。

うちの会社は超零細企業なのでオフィスがとっても小さいんです。

それなのにエアコンが全然効かなくてめちゃめちゃ暑いんですよね。

お金がないのかシャチョーがケチなのかエアコンを変えてくれません。

夏乗り切れるかぁな・・・

 

さて、みなさんお待ちかねの「シャチョーの迷言集」の2回目です笑

 

 

迷言NO.002

f:id:gaishikeishain:20170629222808j:plain

 

「素人」

 

【活用形】

「素人だねぇ〜」

「素人がよくやるパターンが〜」

「あ〜素人だね」

「素人だから〜」

「素人の人だからさぁ〜」

 

この迷言のエピソード

シャチョーはこの「素人」っていう言葉が大好きです。

とにかく連発します。

1日一緒にいたら10回は以上は聞くと思います。

 

そして、お客さんの前でも平気で「素人がよくやるパターンですね」みたいな事を言い始めます。

 

自分が一番素人なのにも関わらず笑

 

お客さんの中には素人っていう単語を連発するシャチョーを見て苦笑いしてる人もいるんですよね・・・

 

素人って単語はその道に精通してる言わば「プロ」のみが使う事を許される言葉だと思います。そんなプロでも素人なんていう言葉を使う人はそうそういないと思うのですがうちのシャチョーは自分があらゆる事のプロだと思い込んでいるので平気で「素人」を連発します。

 

今じゃ、僕はかなり「素人」に対しての耐性が付いているので大丈夫ですが、入社して数ヶ月の間はシャチョーが「素人」っていうたびに笑うのを我慢するのが辛かったです笑

 

みなさんも機会があれば「素人」っていう単語を使ってみてはいかがでしょうか。

周りから冷ややかな目で見てもらえますよ笑

 

↓僕たちが運営している恋愛メディアもぜひチェックして見てください↓

futari-de.com

 

 

 

初めまして!(kaya)

初めまして!

f:id:gaishikeishain:20170630092736j:plain

 

20代半ばの巨乳のkaya@kaya_futaride)です。

 

倒産寸前のWEBマーケティング企業で働きながら、FUTARIDEという20代がもっと恋愛を楽しめるための恋愛メディアのライターをしています。

 

普段は、恋愛経験豊富なライターの実体験から生み出されたモテテクニックや恋愛関連のコラム・オピニオンを僕(@boku_chandayo)とFUTARIDEにて発信しているので、ぜひ見にきて下さい。

 

私は自分に自信がなくてブスで暗くてモテない時代を、いろんな方法で乗り越え、今ではキレイって言われたり異性からもモテたりするようになりました。

 

そして何より自分が好きになれたし人生もすごく楽しくなったので、自分の過去の経験を活かして恋愛でうまく行かない人や見た目に自信のない人のなどの悩み解決の役に立ちたいと思っています!

 

■普段書いてる記事はこんな感じ

【初デート】女性が思わず「行きたい!」って言っちゃう食事デートとは?誘い方と具体例5選 

【脈あり】それって脈あり!「好きって気付いて♡」女性が好きな男性に送るサインTOP5

 【女性の浮気】女性の浮気はバレないっていうけどバレた…!その後彼とはどうしたか?【体験談】

 

しかし、日々情報発信をしていく中である思いが芽生えてきました…

 

それは、私たちの勤務する「倒産寸前のWEBマーケティング会社での日々」を発信したい!というものです。

 

自称最強という社長と働く日々は意味不明でストレスが溜まる一方、日々ネタをまき散らしていく社長に対してお腹を抱えて笑ってしまうこともあります。

 

ちなみに、自称最強の「自称」をどれくらい自称するのかと言うと、初対面の人の前でも「俺は最強なんで」と軽く言っちゃうレベルです。

 

同席している私にとってはもはや羞恥プレイ。最初こそ赤面しそうになるのを

必死で耐えていたものの、ここ数カ月で随分耐性がついてきたのか真顔でやり過ごせるようになってしまいました。

 

私は前職を過労で倒れた末に退職していることもあり、社会人としての仕事は「自分をギリギリまで追い詰めて苦しむもの」というイメージが定着してしまっていました。

 

しかし、意味不明な仕事をして息を吐くようにクライアントや社員に対して嘘をつく社長を見て、その思いが一瞬で払拭されたのです。

 

仕事に命をかけるなんてバカらしい

 

心からそう思えたのは社長のおかげです。

 

正直、世のための何の役にも立っていない会社です。

 

なんでクライアントがこの何の効果もないサービスにお金を払うのか意味が分かりません。

 

もちろん、プロジェクトやサービスに関する改善や提案はもう死ぬほど社長に話しをしてきました。

 

私だけではありません。同僚も先輩も、過去に辞めていった社員たちも。そして、社長の母親(役員)までも。

 

しかし理解できなくて話題をすり替えるか、理解したけどすぐに忘れてしまうか、挙げ句の果てには「俺は最強なんで大丈夫」と言われてしまうので、話しになりません。 

 

まだ社内の枯れかけの観葉植物に話した方がましなレベルです。

 

でも、、、まあいいじゃない。

 

社長の会社なんだから好きにやらせて、何か役に立つスキルがあれば身につけつつ(ほぼないけども)、プライベートを充実させれば。

 

そんな風に思ったりもしています。今はね。

 

会社自体が潰れかけであること、社員の多くが転職サイトに登録していることから、いつまでこのメンバー・このオフィスで働くことができるのかは正直分かりません。

 

でも、そんな儚さも私は結構好きだったりします。

 

このブログでは、そんな会社での出来事やFUTARIDEの運営報告、のんびりと書いていく予定です。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

あ、巨乳はうそです

 

私の書いた記事で一番人気なのはこちらです。名古屋近辺にお住まいの人はぜひ読んで!

 

futari-de.com